【勉強めんどくさいがなくなる】科学的習慣化の方法

【勉強めんどくさいがなくなる】科学的習慣化の方法

 

今日は習慣化の方法について解説します。

多分、習慣化したいと思ってこの記事にたどり着く方は向上心があってIQ高めの方が多いと思うので、応用的な習慣化の方法まで解説しようと思います。

僕は、公認会計士試験のために2年ほど毎日8時間ほどの勉強を継続した過去があります。

8時間って多くなくね?と思う方もいるかもしれませんが8時間は実際に集中している時間であり細かい休憩等は除いています。

なので、それなりに信憑性、再現性のある習慣化の方法だと自負しています。

習慣化の目的

 

何もするにしてもまず、目的意識が大事です。

手段の目的化が起こってはいけません。

習慣化の目的は仕事、勉強で結果を出して楽しい人生を送る

です。

これを踏まえた上で習慣化の方法を解説します。

 

 

習慣化のメリット

  • 勉強を継続できるようになる

  • 努力が楽になる

  • 結果を出せるようになる

他にもたくさんありますが、一言で言うと習慣化によって楽に結果を出せる

です。

少し、話がそれますが人間の人生は80%ほどが習慣でできていると言われています。

少し、過去を振り返って考えてみてほしいのですが、

毎年同じような服を着て、
同じような仲間とつるんで、
毎日似たようなご飯を食べて
毎日同じような娯楽を楽しんで  

これが悪いというわけではありませんが、基本的には同じような事柄の繰り返しではないでしょうか?

人間の脳は同じこと、慣れ親しんだことを好む傾向があるので何も考えず思考停止で生きていると同じような繰り返しで人生が終わります。

もう一度言いますが、これが悪いというわけではありません。

ただ、いまよりレベルアップしたい、圧倒的な結果を出したい、年収を上げたいという方は思考停止でいてはいけません。

つまり、既存の習慣に意図的に変化を加えなければいけないのです。

逆にいえば、自分習慣の中に良い習慣を組み込むことができれば人生は勝手に好転していきます。

毎日勉強する習慣
筋トレする習慣
他人になにかを与えてあげる習慣

 

このような良い習慣が身につけばよいわけです。

 

習慣とは

身近なわかりやすい習慣の一つが歯磨きです。

歯磨きって、「さあ歯磨きしよう!」なんて、毎日思わないですよね?

このように、やるかやらないかという意思決定をするまでもなく毎日自然に行動してしまうことが習慣です。

この記事の結論としては、勉強や筋トレなど習慣化したいことを歯磨きのレベルで習慣化できたら勝ちです。

なるほどわかったという方はこの記事を閉じて勉強を開始してください。笑

具体的な習慣化の方法と習慣化が難しい理由を以下で解説します。

 

 

習慣化の方法

 

習慣化の方法はいくつかあるのですが、僕の体験と科学的な根拠を踏まえて効果的なものを紹介します。

習慣化が難しい理由

 

簡単に習慣化と言ってますが、大半の人は習慣化に挫折するわけです。(体感として95%)

まあ確かに、極論ですがそんな簡単に習慣化ができれば全員東大に受かるし全員タワマンに住んでますよね、、、

習慣化が難しい理由

  • 脳は変化を嫌う

  • モチベーションが沸かない

 

まず1つ目の脳は変化を嫌うですが、気付かないうちに人間は同じような変化のない日常を好んでしまうんですよね、、、

理由ははるか昔の人間の生活環境にあります。

人間の長い歴史のほとんどは狩猟採取などでありの現代とは違い、衣食住が保証されているような環境ではありませんでした。

よって、そもそも人間の脳には安定しており、変化の少ない日常を好むようになっているのです。

よく、会社を辞めたいけどやめられないみたいな話がありますがこのような葛藤はその本人が悪いわけではなく脳の性質にあるのです。

まあ結論、脳の性質のせいで習慣化が拒まれているということです。

何かを習慣化するうえでこの脳の性質を押さえておくことが非常に大事です。

次に、モチベーションがわかない件ですが、これの対策は簡単です。

【モチベーションに関係なく行動する】です。

なんだそんなことか、と思うかもしれませんが人間だれしもモチベーションがわかないときはあります。

ただ、歯磨きをするときにわざわざモチベーションなんて考えてないですよね?

歯磨きのようにモチベーションなんて考えるまでもなく行動を開始することが解決策です。

個人的にはこれを【歯磨き理論】と呼んでいます。(笑)

 

 

具体的な習慣化の方法

 

習慣化を成し遂げる方法は

週に4回以上を50日間以上継続する

です。

細かいテクニックはまだあるのですが、これが原理原則です。

週に4回未満だとなかなか習慣になりづらいです。

個人的には週7でやった方がよい気がするのですが、最初から追い込みすぎてもよくないので週4以上を目安に頑張りましょう。

そして50日以上継続ですが、この50日というのが非常に大事です。

この約50日を経過するまではなかなか習慣になりにくく、挫折する人が多いです。

しかし、逆に言えばこの50日という壁を突破できれば一生モノの習慣になる可能性も大きいということです。

個人的にもこの50日を境に勉強やジム通いのめんどくささが消えていったような感覚があります。

ちなみに、習慣化したいものによって必要な日数が多少異なります。

長時間の勉強などはなかなかハードルが高い部類に入るので、勉強を継続できれば他のことはたいてい習慣化し継続できるようになるでしょう。

 

 

 

 

習慣化テクニック

ここからはさらに細かい習慣化テクニックを紹介します。

 

・行動へのハードルを下げる

50日を経過するまでは、なんか今日はやる気が出ない、、、という日もかなり多いです。

そこで有効なのが行動へのハードルを下げることです。

具体的には、勉強を習慣化したいならテキストや問題集を前日から机の上に開いておくとかです。

人間は行動へのステップが多いほどなんかやる気が出ない、、、となりがちです。

参考までに僕がジム通いを数年継続したテクニックを紹介します。

・ジムセット(服とかタオルとか)を常にまとめて用意しておく
・何曜日の何時にジムに行くと決めておく
・ジムの近くに引っ越す

 

このように可能な限りジムに行くまでのハードルを下げました。

意外と見落とされがちなのが、行く時間を決めておくことです。

いつ行こうかなとか、考えることもジムに行くまでのハードルのうちです。

行動を起こすまでのハードルは徹底的に下げましょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

僕が数千時間かけて学んだ習慣化のノウハウをぎゅっと詰め込みました。

簡単にまとめると
・週4回以上を50日以上継続
・行動までのハードルを徹底的に下げる

主にこの2つを意識することで習慣化につながり、何事でも結果を出せるようになると思います。

noteでは主に簿記や会計士試験に関する勉強法や解説記事などおアップしていきます。

この記事が面白かったらいいね、フォローもよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!