【無料プレゼント】LINE公式アカウントやってます!

【経理は消える!?】会計は意味ないのか?

【経理は消える!?】会計は意味ないのか?

今日は経理や会計業務は消えるのかということについて書いていきます。

簿記や公認会計士の勉強をしていると経理はAIによってなくなるとか公認会計士の仕事は必要ないとかそんな情報が入ってくるたびに勉強のモチベーションが下がりますよね、、、

先に結論だけ述べると、この記事は簿記や公認会計士の勉強モチベーションが上がる記事です。笑

それでは様々な観点から会計業務はAIによってなくなるのかについて考察していきます。

 

結論

 

結論からいうと、いつかは会計業務は消えます。

これは別に悲しいことではなく、他の仕事にも言えることで言い換えると人間が働かなくて良い時代が来るということです。

別に経理職だけが食いっぱぐれるということではありません。

一部の人間にしかできない作業を除いてほとんどの仕事はAIによって代替されるでしょう。

これは僕の予想ですがベーシックインカムのようにある程度の生活は保証され、それ以上の贅沢をしたければそれぞれが好きなように働くという時代になるのではないかと、思っています。

 

 

会計業務の自動化は困難

 

ニュース等では会計業務はAIによって自動化できるとか公認会計士の、仕事は自動化が容易みたいな言われ方をしているのをよく見ます。

しかし、普段から現場を見ている身からすればそんな簡単に自動化が進むとは思えません。

 

経理、会計業務が自動化困難な理由

・現金が使用される限り人の手による作業が必要 

・中小企業等を含めシステム導入を完了するのはかなり時間がかかる

 

 

会計監査(公認会計士の独占業務)が自動が困難な理由

・監査の性質上、人間が仕事をしている限り自動化は出来ない

・AIにより自動化した分新しい仕事が増える(公認会計士の仕事は年々増えています。)

 

経理、会計業務を自動化するにはまず現金をなくすことが必須なんですよね、、、

現金がある限りお金の流れをシステムで追跡することは不可能です。

そして、現金をなくすのはこの日本では既得権益等の問題でかなり難しいです。(現金をなくすと脱税ができなくなり困る人たちがいます、、、)

また、現在中小企業の、社長はまあまあなお年寄りの方がかなり多いです。

そのような会社にいきな理経理自動化のシステムを導入しようとしてもなかなか難しいというのが現状です。

 

そして次に公認会計士の仕事が消えない理由です。

公認会計士の仕事は簡単に言うと財務諸表(貸借対照表とか)の適正性を合理的に保証する仕事です。

よって仕事に人間の手が絡む限り不正リスクや誤りの公認会計士の仕事がなくなるとは考えづらいのです。

 

 

まとめ

経理や、会計業務が消えることをマイナスに捉える必要は全くないし、簿記の勉強や知識その過程での努力が無駄になることは全くありません。

今後数十年は経理が消えること実質的に困難でありまた消えるとしても経理だけではなく他の業種もほとんど消えます。

今現在簿記や公認会計士の、勉強をしている方には明るい未来が待っていることは間違いないのでゴールまでそのまま突き進みましょう!