簿記3級のメリット【就活、転職は最強です】

簿記3級のメリット【就活、転職は最強です】

 

簿記3級って入門資格と捉えられがちですが、めっちゃメリットあります。

 

コスパも抜群ということで簿記3級のメリットを紹介します。

 

簿記3級の信用力はかなりすごい

 

簿記3級をネットでぐぐってみると色んな意見がありますよね。

簡単とか、取る意味ないとか、あるいはビジネスマン全員が取るべきとか。

日頃会計業務に携わり、それなりに会計業界歴が長い僕からすると簿記3級は大卒以上の価値があるのではないかと思っています。

なぜかというと、経理部や会計事務所勤務でも簿記3級持っている人って意外と少ないのです。

経理や会計業務で慢性的に人手不足なんですよね、、、

だから簿記3級がなくても採用してしまうのです。

まあ、何が言いたいのかというと簿記3級があったら経理や会計事務所からの信頼が抜群ですよってことです。

ちなみに、簿記3級はビジネスの基礎知識なので会計業界以外の就職でも結構役立ちます。

僕が採用する立場でも簿記3級持っていたら結構信用しますね。

まとめると、、、

簿記3級は

・目標達成能力がある

・向上心がある

・頭がしっかりと回る

の証拠になります。

 

 

簿記3級取得によってビジネス戦闘力が上がる

 

結構前から言われていますがビジネス三種の神器っていうのがあってですね、、、

・会計

・英語

・IT

この3つがビジネス三種の神器と言われるやつで年収上げたいとか勝ち組になりたいとか幸せになりたいならとりあえずこの3つを極めようってことです。

少し話がずれますが、昭和や平成の前半の勝ち組って大企業に終身雇用で死ぬまでしがみついて引退してのんびり老後は過ごすみたいな感じですよね。

残念ながら終身雇用が崩壊した令和の現在はそんな人生は送れません。

じゃあ、令和で勝ち組になるにはどうすればいいのかってなりますよね。

結論、会社に価値を求めるのではなく自分自身の価値を高める

です。

これ一択です。というかこのマインドがあるだけでビジネスでかなり上位にいけます。

大多数の人は勉強なんて学生がするものだと思っているし未だに会社にしがみつけばいいやなんんて思っている人も結構います。

自分自身の価値を高める、ビジネス戦闘力を上げる

このマインドが大事。

じゃあ具体的にどうすればいいのかというととりあえず、簿記取得しておけば大丈夫です。

この記事を読んでくれている方々が思っている以上に簿記ってビジネスの世界において信用が高いです。

会計業界歴がそれなりに長い筆者からすれば大卒以上に簿記ホルダーは信用できるし、面接で好印象です。

あと、個人的にですが貸借対照表や損益計算書が読めないでビジネスをするというのは結構危ないという印象があります。

企業の財務諸表が読めるようになるだけで世の中の動きとか危ない会社の見分け方がわかるようになるんですよね。

長くなりましたが、結論簿記をとってビジネス戦闘力上げましょう。

 

 

簿記3級があれば未来が明るくなる

 

簿記3級取得はいろんな素敵なキャリアがあります。

王道は経理とか会計事務所の事務職ですね。

就職以外にもさらなるステップアップとしては

・公認会計士

・税理士

・その他士業

・簿記一級

代表的なステップアップはこんな感じですが他にもいろいろありますし、それも高収入な職種ばかりですね笑

今、日本はだいぶ不景気なため収入面に不満がある方や現在の仕事で将来が見えないという方も多いと思います。

でも簿記があると収入がかなり安定します。

・会計、税務の職種は景気に影響を受けにくい

・明確なステップアップがあるため年収が上がりやすい

こんな感じの特徴があるため、簿記持っている人は結構安定している人が多いような気がします。

まとめ

簿記資格ってものすごい難しいわけではないけど、すごく価値が高いという非常にコスパのよい資格なのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

それではこのへんで。