メタバース×仮想通貨銘柄のおすすめはどれ? 【Sandやエンジンコインも】

NO IMAGE

 

メタバースと仮想通貨関係は?

どの仮想通貨がおすすめ?

結局どの取引所がいいの?

このような疑問を解決する記事となっています。

 

 

 

2022年2月現在、メタバースが大きな話題となっており、同時にメタバースと相性の良い仮想通貨の普及率も急激に伸びています。

 

これから更にメタバース、仮想通貨が世間一般に浸透していくことは容易に想像できます。

 

https://www.meta-verse-30.com/?p=121

 

ここでは、メタバースと仮想通貨の関係、おすすめのメタバース仮想通貨や、取引所を紹介します。

 

とりあえず仮想通貨を始めてみたいという方にはコインチェックがおすすめです。

 

 

メタバースと仮想通貨の関係

まず、メタバースとは簡単に言うとサイバー空間に構築された3次元仮想空間のことを表します。

 

そして、仮想通貨とはインターネットでやり取りされる財産的、経済的価値と定義されています。

 

メタバースとは現実世界と異なるもう1つの世界であり、メタバース内で経済活動や金銭のやり取りを行うことができます。

 

よってメタバース空間内で仮想通貨が生まれているのです。

 

具体的には各メタバース空間が従来の国家のような形になるようなものです。

 

各メタバースで基軸通貨として仮想通貨が作られ、経済活動が行われます。

 

現在では、the sandboxのようなメタバースゲームで基軸通貨としてのsandという仮想通貨が使用されており、さらに土地の売買や賃貸借が行われています。

 

メタバースのゲームの中ですが、現実世界のような経済活動が行われていますね。

 

これからは、ゲームだけではなく、様様な経済活動がメタバースに参入していくことが予想されます。

メタバース×仮想通貨銘柄おすすめ

メタバース仮想通貨銘柄の代表的なもの3銘柄を紹介します。

・Sand
・MANA
・エンジンコイン

現在、メタバースで使用されているメジャーな仮想通貨は主にこの3つです。

 

とりあえずこの3つだけ抑えておけばメタバースの波に乗り遅れることはないでしょう。

 

 

Sand

 

時価総額 約4千億円
取引所 Binance(海外の取引所)
将来性 有望

 

The Sandboxというブロックチェーンゲーム内で使用できる仮想通貨です。

 

The Sandboxは簡単に言うとマインクラフトのようなゲームです。

 

将来性がある理由は以下の通り。

・現在世界中で大人気

・ソフトバンクから約100億円もの資金調達

・NFTマーケットで土地(Land)が購入可能

The Sandboxに興味のある方はコインチェックに無料登録を済ませておくことをおすすめします。

 

 

MANA

 

時価総額 約6千億円
取引所 Binance(海外の取引所)
将来性 有望

Decentralandというゲームで使用可能な仮想通貨MANA。

 

DecentralandもTheSandboxに少し似ているゲームですが、Decentralandの方が映像がよりリアルという点に特徴があります。

 

MANAも非常に将来性があるといえるでしょう。

将来性がある理由は以下の通り。

・メタバース、VR市場の拡大

・NFTの流行

 

エンジンコイン(ENJ)

時価総額 約2千億円
取引所 コインチェック
将来性 かなり有望

 

エンジンコインの特徴について簡単にまとめます。

・Enjinプラットフォームの基軸通貨

・プラットフォームで誰でもブロックチェーンゲームを作ることが出来る

・マイクロソフトなどの大企業と提携している

 

エンジンコインが基軸通貨となっているEnjinプラットフォームではすでに2000万人以上のユーザーが存在しています。

 

将来性も非常に有望なことから筆者が個人的に一番推している仮想通貨です。

 

 

 

仮想通貨取引所おすすめ

これから仮想通貨を始めるという方、取引所を乗り換えようとする方におすすめなのがコインチェックです。

コインチェックがおすすめな理由はこちら

・東証一部上場企業が運営しているため信頼性抜群

・取扱銘柄が多い

・スマホアプリがかなり使いやすい

 

特にこだわりがなければで無料口座開設しておくのがおすすめです。

 

 

https://www.meta-verse-30.com/?p=186