暗号資産(仮想通貨)のウォレットの仕組みは? 公開鍵暗号方式も解説!

暗号資産(仮想通貨)のウォレットの仕組みは? 公開鍵暗号方式も解説!

 

暗号資産取引をするにあたって必要となるウォレット

 

その基本的な仕組み公開鍵暗号方式おすすめのウォレットを分かりやすく解説します。

 

この記事で分かること

・ウォレットの仕組み

・公開鍵暗号方式とは?

・ウォレットおすすめ

 

 

暗号資産のウォレットとは?

 

 

ウォレットとは、暗号資産の秘密鍵を保管するものです。

 

簡単に言うとウォレットは、暗号資産の財布という認識で大丈夫です。

 

 

暗号資産を保管する場合や、送金、受領をする際にこのウォレットを使用します。

 

 

なぜウォレットが必要?

 

コインチェックなどの取引所があるのに、なぜウォレットが必要?と疑問に思う方もいますよね。

 

結論、取引所に預けておくよりウォレットに保管しておくほうがセキュリティの面で安全だからです。

 

以前マウントゴックス事件により取引所に暗号資産を預けていたビットコインが消失するという事件があり大きな問題となりました。

 

現在は、業務改善やセキュリティの強化により取引所ハッキングのリスクは少なくはなっていますが貴重な資産なのでウォレットに保管しておくのが吉ですね。

 

ウォレットの仕組み

 

 

まず大前提として暗号資産は、公開鍵と秘密鍵を用いた公開鍵暗号方式という暗号方式で成り立っています。

 

以下、公開鍵暗号方式を解説していきます。

公開鍵暗号方式とは

 

公開鍵暗号方式とは秘密鍵と公開鍵の2つのカギを使って安全にデータの送受信を行う方法です。

 

秘密鍵は名前の通り本人しか知らないカギで、公開鍵は誰でも知り得ることができます。

 

暗号資産の例

 

暗号資産の取引では公開鍵暗号方式を以下のように行います。

公開鍵:データを暗号化(誰でも取得可能)

秘密鍵:データを復号化(本人のみ所有)

 

参加者全員が公開鍵と秘密鍵の2つの鍵を所有しておりこれを使用します。

 

 

太郎さんが暗号資産を花子さんに送る場合

①太郎さんが花子さんの公開鍵でデータを暗号化して送信

②花子さんがデータを受け取り自分の秘密鍵で復号化

 

このように、暗号化する場合と復号化する場合で異なるカギを使用することによって取引の安全性を確保しているのです。

 

そして、この秘密鍵と公開鍵を保管するのがウォレットです。

 

このウォレットから送受信の操作をすることによってブロックチェーンに取引が記録され暗号資産の取引が可能となるのです。

 

 

ブロックチェーンとは

 

ウォレットおすすめ

 

 

ウォレットにはオンライン上に保存するホットウォレットと、オフライン上に保存するコールドウォレットがあります。

 

メリット

・ホットウォレット:利便性が高い

・コールドウォレット:セキュリティ抜群

 

それぞれ一つずつおすすめのウォレットを紹介します。

 

ホットウォレット

 

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

筆者も長いこと愛用しているウォレットですが、おすすめの理由が2つあります。

操作性がシンプルかつデザインが美しい

です。

 

アプリの画面が非常に見やすく、操作も直感的に簡単に行うことができます。

 

コールドウォレット

 

コールドウォレットのおすすめはLedger NanoSです。




数多くの暗号資産に対応しているUSB型ウォレットです。

 

完全オフラインで保存可能なため、強固なセキュリティを求める方におすすめです。