暗号資産BOBA(ボバ)とは?  特徴や将来性などを解説!

暗号資産BOBA(ボバ)とは?  特徴や将来性などを解説!

 

最近、話題となりつつあるBOBA(ボバ)ネットワーク。

 

時価総額ではまだまだビットコイン等には劣る草コインですが、優れた特徴を備えているため今後急騰する可能性も大きいでしょう。

 

この記事では、BOBA(ボバ)について分かりやすくまとめました。

 

この記事の結論

・BOBAは、イーサリアムの弱点を補って開発された

・将来性抜群の草コインである

・BOBAはbitbankでのみ取引できる

 

 

\BOBAの取り扱いはbitbankだけ/

 

BOBA(ボバ)とは?

 

BOBAとは、イーサリアムレイヤー2ソリューションプロジェクトの一つであるbobaネットワークで使用できるトークン(暗号資産)です。

 

 

イーサリアムをもっと詳しく

 

レイヤー2ソリューション・・・イーサリアムの取引量が増加したことによるスケーラビリティ問題の解決策

 

 

要するに、イーサリアムの課題を解決するために開発された暗号資産がBOBA(ボバ)という認識で大丈夫です。

 

また、コインチェック取引所が現時点で暗号資産OMGを保有している方に対してBOBAをエアドロップすることを発表しています。

 

エアドロップ・・・一定の条件を満たしたウォレットアドレスに基本的に無料で一方的に暗号資産を配布すること。

 

まだ、コインチェックに登録していない方は今のうちにコインチェックに無料登録しておきましょう。

 

\コインチェックはこちら/

 

 

 

レイヤー2ソリューションとは

 

BOBAトークンの特徴を解説する前にレイヤー2ソリューションについて簡単に説明します。

 

レイヤー2ソリューションとは、ビットコインやイーサリアムの取引が増大したことによるスケーラビリティ問題を解決するためにのプロジェクトです。

 

具代例

・取引増大により、ブロックチェーン上での処理が困難

①オンチェーンによる解決法

メインのブロックチェーン上での処理をオンチェーンという。

 

②オフチェーンによる解決法 メイン

 

メインのブロックチェーンの外部で処理を行う方法です。

レイヤー2ソリューションは基本的にはこの、オフチェーンにより行われることが多いです。

BOBAネットワークもこのオフチェーンでのソリューションです。

 

 

 

 

 

 

BOBA(ボバ)の特徴

 

イーサリアムのいくつかの課題を解決することを目的として開発されたプロジェクトであるBOBAには、いくつかの特徴があります。

 

迅速かつ低コストが可能

 

当然のことですが、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたため取引が迅速かつ低コストです。

 

今後、さらに実用化が進むことが予想されますね。

 

 

bitbank

 

NFTや、DAPPSと相性が良い

 

 

先程述べた、レイヤー2ソリューションはメインのブロックチェーンとレイヤー2のブロックチェーンが異なるものであるため、プロジェクトによってはそれぞれのブロックチェーンで自由に売却等の取引が、できないことがあります。

 

しかし、bobaネットワークでは異なるレイヤー(ブロックチェーン)での取引が自由に行なえます。

 

NFT等の取引をする方にとってはとても利便性が高いですね。

 

 

bitbank

 

BOBA(ボバ)の将来性

 

現在BOBAは、国内取引所ではbitbankにしか上場しておらず、ビットコインなどの暗号資産には時価総額でも劣ります。

 

しかし、イーサリアムの脆弱性を補って開発された経緯やさまざまな機能を持ち合わせていることを考慮するとこれから、急騰する可能性は高いのではないでしょうか。

 

暗号資産は何千、何万倍と価格が上昇する可能性があるのでbobaも夢のある暗号資産ですね。

 

\bitbank無料登録/

 

 

 

BOBA(ボバ)が買える取引所

 

BOBAは現時点でbitbankでしか取り扱いがありません。

ビットバンクの特徴は

・アプリが使いやすい

・手数料が安い

・取引量が多い

です。

 

初心者の方にもおすすめの取引です。

 

取引される方は以下のリンクからどうぞ。

 

\ビットバンク無料登録/