初月無料【会計で世界を読み解くメルマガ】

監査法人って副業禁止?【バレなそう】

NO IMAGE

 

論文生のkeitarouです。

 

今回はこれから僕が入所するであろう監査法人の副業禁止について書きます。

 

監査法人給料安くね!とか、1億稼ぎたい方は是非見ていってください!

 

 

監査法人の年収

監査法人の年収を知らない人のために一応。

僕調べなので正確には違うかもしれませんが、大体の相場観だと思ってみてください。

 

スタッフ 600万円

シニアスタッフ 800万円から1000万円

マネージャー 1000万円から1200万円

パートナー 1200万円以上

 

大体、一般的なサラリーマンの二倍くらいは保証されているような印象。

 

ただ、何千時間も勉強して圧倒的な知識とかの武器を付けたことを考慮すると安すぎるような気がする。

 

雇われだからしょうがないような気もするけれど、正式に公認会計士になるには約三年は監査法人でたしか働かなければならない。たった600万円くらいで

 

600万円って世間一般からすると高い部類かもしれないけれど、月々の手取り金額にしたら約40万とかだと思う。ちゃんと計算したわけじゃないが。

 

ぶっちゃけ40万円てなんの贅沢もできない金額。

 

家賃 12万円
食費 6万円
その他必須生活費 5万円
遊び代 17万円以下

遊ぶためのお金はたった17万円。

実際スーツとかの出費や旅行代がかかるから月に遊べるお金は10万円もないことがほとんどだと思う。

 

日本人は、汗水たらして働いて、質素な生活を送ることが美徳みたいなところがあるから感覚がマヒしてる人が多いけど、僕は遊ぶために生きてるので遊び代が月に10万円を切るなんてしんどいと思ってる派。

 

ただ、公認会計士という信頼は今後も重要な武器になると思うのでとりあえず公認会計士になるために全力で頑張る。

 

ただ、給料が安いので、いろんな手段で稼いで(並業)、独立起業も早めに視野に入れて行動する。

 

ぶっちゃけ、監査法人にしがみつくだけの会計士は今後は厳しいんじゃないかと思ってる。

 

 

 

副業は禁止?

 

正式に調べたわけじゃないけれど、BIG4はたぶん禁止らしい。

 

そして中小監査法人の方が副業規定は緩い傾向がある。

 

これは僕が説明会で聞いたのだけど、中堅監査法人の某太陽監査法人は最近副業解禁になったらしい。

 

とりあえず、副業ができる監査法人があることを知って安心してる。 

 

ただ、個人的には監査法人だけでなく、世間一般的に副業解禁の動きは広がっていくと思う。

 

そもそも、安月給で会社に縛り付けておくには限界があるし、副業禁止の規定が法律的、倫理的にOKなのかという議論もある。

 

BIG4のネームバリューは欲しいのでBIG4が副業可能なことを祈る。

 

あと、副業禁止と言われたらなんの疑いも持たずに「はい!」と言ってしまう日本人の純社畜的なマインドに違和感を覚える。

 

 

 

 

 

バレない方法は?

 

法律で禁止されてない限り、副業禁止規定には抗う権利があると思ってる。

 

なぜなら、会社との関係は雇用【契約】だから。

 

契約というのは当事者間の合意によって成り立つ権利義務なので一方的に押し付けられるものではない。

 

だから副業禁止と言われてただ素直に従うのは奴隷と同じ。
(もし、法律の規定だったらすみません(笑))

 

そしてばれない方法は二つ。

1、親の口座に入金して、お小遣いとして親からもらう体にする

2,株式会社を立ち上げ、親に取締役になってもらう

 

1,の方法はそのままです。

2,は株式会社を立ち上げ、親とかに取締役になってもらい自分は株主になります。

そして、会社から配当という形で報酬を受け取ることで給料にはならず、配当所得になります。

 

この際に自分が取締役になって役員報酬を受け取ってはいけません。

 

役員報酬を受け取った場合は副業の対象となる可能性が高いです。

 

つまり、この2の方法は副業で得たお金を配当という形でもらうことによって規定からすり抜けるというスキームです。

 

監査法人では労働型の副業は禁止になっていることが多いですが、監査先等の株式を除き金融投資や不動産投資などはOKなことが多いです。

 

今の話は会社法を多少学んでいる公認会計士や会計士受験生だったら簡単に理解できると思います。

 

監査法人が本気で副業を禁止にしたかったら、投資も含めてすべての収入減を絶つ以外にはないと思う。

 

 

複業のすすめ

公認会計士はそもそも超難関資格を合格する頭や努力ができる優秀な人が多い。

 

だけど、誠実な人が多いので資格に縛られて、起業などの他の道に進む人が少なくてもったいない。

 

って、ホリエモンが言ってた笑

 

つまり、優秀だから会計系の仕事じゃなくてもアントレプレナー的な感じでやってみれば結果を出せる可能性が高い人種なんじゃないかと思う。

 

別に、ライブドアみたいな大きな会社を立ち上げなくても【複業】的な感じで小さな起業でも結構な額を稼げる。