ライトコイン(LTC)とは? 特徴や気評判を解説!

ライトコイン(LTC)とは? 特徴や気評判を解説!

 

時価総額ランキング20位(2022-04-01)のライトコイン。

 

この記事ではライトコインの特徴や将来性について解説します。

 

この記事の結論

・ライトコインはビットコインを参考にして
開発された暗号資産

・実用性に優れ将来性がある

・ライトコインを買うならコインチェック

 

ライトコインとは

 

ライトコインは元Googleのエンジニアによって開発された暗号資産であり、時価総額ランキングは現在20位です。

 

ビットコインのソースコードを参考しにして開発されたという経緯がありそして、ビットコインの弱点を補うような特徴を持ち合わせています。

 

コインチェック

 

ライトコインの特徴

ライトコインは主に実用性に優れているという特徴があります。

 

スケーラビリティ問題を解決

 

ライトコインはビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために開発された側面があります。

 

スケーラビリティ問題とは一つのブロックチェーンに書き込める記録に制限があり取引増加に伴い、取引が遅延してしまうこと。

 

ライトコインはこのスケーラビリティ問題を解決するためにSegwitというシステムを採用しましたり

 

Segwitとは本来一つのブロックチェーンに書き込む記録の一部を別の領域に書き込むことでブロックチェーンの必要容量を節約するシステムです。

 

ライトコインはこのSegwitによって実用性に優れた暗号資産となっています。

 

 

 

 

 

承認がスピーディ

 

ライトコインはビットコインよりも取引の承認がスピーディです。

 

ビットコインが取引の、承認を行うためのブロックの生成が約10分かかるのに対しライトコインは約2.5分で終了します。

 

ライトコインはビットコインよりも4倍ほど承認が早いため実用性が高いのです。

 

 

ライトニングネットワークに対応

 

ライトコインはライトニングネットワークに対応しています。

 

ライトニングネットワークとはメインのブロックチェーン以外のブロックチェーン(オフチェーンという)で取引者同士を直接繋げて取引を可能とすることです。

 

これの何が優れているのかというと、メインのブロックチェーンでは手数料が発生してしまうのですが取引者同士を直接つなぐオフチェーンならば手数料なしで取引が可能になるのです。

 

つまり、日常の少額決済に非常に便利な機能なのです。

 

コインチェック

 

ライトコインの将来性

ライトコインはまだまだ価格急騰の可能性がある暗号資産です。

 

PayPal

 

米決済サービス大手のPayPalが決済手段として以下の暗号資産を利用できるサービスを展開することを発表しました。

・ビットコイン 

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・ライトコイン

 

PayPalだけでなく他の大手企業もライトコインを決済手段に活用することで、ライトコインの価格が大きく上がる可能性も大きいでしょう。

 

 

 

取引所への上場

 

暗号資産は取引所へ新規上場したタイミングで大きく価格が上がるという傾向があります。

 

これからライトコインが新規上場をすることがあればその際に価格が急上昇する可能性も高いと言えるでしょう。

 

 

現在スキャンダルゼロ

 

イーサリアム等の暗号資産がハッキングやハードフォークなどのスキャンダル?を起こしているにも関わらずライトコインはいまだ問題ゼロです。

 

お金としての役割を果たすには利便性だけでなく、信頼性も必要となってきます。

 

その際に何一つ問題がないというのは非常に有利なポイントなのではないでしょうか。

 

 

 

 

ライトコインが取引できる取引所

 

現在ライトコインはコインチェックで取引することができます。

 

コインチェックはアプリが使いやすいので初心者の方にも非常におすすめです。

 

\コインチェックはこちらから/

 

 

https://www.meta-verse-30.com/?p=708