ブロックチェーンとは?分かりやすく完全解説! ビットコインと関係も

NO IMAGE
最近よく聞くブロックチェーンとはなにか?
ブロックチェーンのメリットや仮想通貨との関係はどうなっているのか?

このような疑問を分かりやすく解決する記事となっております。

 

ブロックチェーンとは?分かりやすく解説

ブロックチェーンとは分散型台帳技術を用いた非中央集権的なデータベースのことです。

 

ブロックごとにデータを管理し、それがチェーンのように繋がって保存されていることからブロックチェーンと呼ばれています。

 

分かりやすく具体例を上げると、中央集権的なデータベースがGoogleや、銀行であり、非中央集権的なデータベースがブロックチェーン技術です。

 

ブロックチェーンは代表的な管理者が存在しないのです。

 

つまり、従来のGoogleや銀行が行っていたのが中央集権型の一元管理であるのに対して、ブロックチェーンとは非中央集権的であり相互に管理する分散型管理システムなのです。

 

ブロックチェーンとは絶対的な管理者はおらず、全員で相互に管理するシステム

稼げるブロックチェーンゲーム三選!

 

ブロックチェーン技術を利用したゲームは、ブロックチェーンの非中央集権的なデータ管理によってデータの改ざんが非常に困難であるためゲーム内でお金稼ぎが出来ます。

 

また、育てたキャラクターを売却して収入を得るなど、従来のゲームではできなかったことを数多く実現したのです。

Axie Infinity

こちらのゲームはベトナムで開発されたモンスター育成ゲームです。

 

モンスターを戦わせ、勝利すると報酬で仮想通貨がもらえるという仕組みです。

 

このゲームで生計を立てている人もいるほどです。

The Sandbox

このゲームは、イーサリアムのブロックチェーンを基礎として作られたゲームプラットフォームです。

 

ここでは、LAND(土地)を買う、又は借りることでオリジナルのゲームを作成したりアイテムを作成することができます。

 

マインクラフトに似たゲームですが、2022年2月現在土地の価格は日本円で約15万円とかなり高額です。

Sorare

Sorareとは、デジタルトレーディングカードゲームです。

 

サッカーが題材となっており、現実の試合結果がゲームに反映されます。

 

そして、トレーディングカードはNFTマーケットで売買可能なためお金を稼ぐことも可能です。

ブロックチェーン技術によってゲーム内でお金が稼げるようになった!

ブロックチェーン×仮想通貨

ブロックチェーンは仮想通貨の取引を記録するために用いられています。

 

仮想通貨が従来のお金と何が違うのかと言うと、管理が中央集権的なのか、非中央集権的なのかが違います。現在、ブロックチェーンや仮想通貨が流行している理由の一つはこの非中央集権的な管理体制にあります。

 

ブロックチェーンの非中央集権的な管理体制には、データ改ざんが困難であることやデータ管理コストが小さいこと取引情報の透明性が高いことが挙げられます。

 

 

https://www.meta-verse-30.com/?p=138

 

 

ブロックチェーン企業!

ブロックチェーン技術を活用したビジネスはこれから伸びる可能性の高い分野です。

投資、転職の際に参考にしましょう。

Coincheck株式会社

コインチェック株式会社は大手仮想通貨取引所を運営する企業です。

 

コインチェックの運営する取引所は非常に操作がしやすく初心者も扱いやすいことで有名です。

 

これから、NFT、ブロックチェーンが普及していくにつれて伸びる企業の一つでしょう。

GameWith株式会社

GameWith株式会社は主にゲーム関連のサイトを運営する会社です。

 

そして、NFT関連の事業を行うために、100%子会社である「株式会社GameWith NFT」を立ち上げました。

 

これから、NFTゲームが流行するにつれて事業も成長していくでしょう。

 

 

 

https://www.meta-verse-30.com/?p=121